<   2005年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

おおゆき。

c0015708_2465865.jpg降り過ぎ!
積もり過ぎ!
昨日は春一番が吹いたというのに・・・。

バイクがすべって坂が登れず、他人の家の前に放置。
ちゃんと許可取りましたが・・・。
[PR]
by sentire | 2005-02-24 00:00 | にっき。

あいぽっどみに。

ipod miniが値下げした…!
4GBで2万円とは…。重さ100g。

shuffle512MBで1万円。重さ20g。

ちょっと損した気分・・・orz
まあ、軽いし・・・邪魔にならないし・・・!
アップルいろいろ値下げしまくり。
[PR]
by sentire | 2005-02-23 00:00 | にっき。

しおどめ。

c0015708_2229551.jpg茶寮 都路里に行ってきました。
抹茶パフェに白玉ぜんさい、おいしかったvv
混んでました。1時間近く並びました。
まあ今回の目的のお店だったんで…。
c0015708_2230280.jpg若干食べすぎですね。
セットにしてみたんですが。
ちょっとお腹が痛くなりました…!
c0015708_2230971.jpgApple storeによりました。
大きなPower bookみたいなデザイン。
人の多さに圧倒。

新橋→汐留→新橋→銀座→東京、と歩きました。
帰りは東京駅から。
[PR]
by sentire | 2005-02-20 00:00 | ぐるめ。

おだいば。

お台場あたりに住んでいる友人宅で鍋パーティでした。
部屋きれい!施設も整ってる…!
家賃も安いですし、すっごい。
通学にゆりかもめですよ。

しかしお手洗いが…。

c0015708_22181471.jpg


工エエェ(゚〇゚;)ェエエ工

シースルーでした。や、カーテンありましたけど…。
[PR]
by sentire | 2005-02-19 00:00 | にっき。

おぺらざのかいじん。

c0015708_22583469.jpg

それは、美しくも哀しい愛の物語

あなたの声で私の花が開きはじめる

ちょっと前に見たんですが、思い入れのある映画ですので、落ち着いてから感想。
ス テ キ で し た・・・!
10年前くらいに、アメリカでミュージカルを見てから、ファンでした。
今回、映画化する事を知って、とても嬉しかったです。
本当に音楽が素晴らしくて・・・!!!

物語を、あんまりよくわかってなかったんだなーと、実感しました。。
映画を見て、「こんなお話だったんだ…!」と、初めて知るような部分も多かったです。
怪人の想いが、とても切なくて、切なくて。
泣きました。
お話でなければ”横恋慕”で”ストーカー”のような恋ですが・・・。
怪人の生い立ちや時代背景、映像美に音楽が、怪人の愛を一層ドラマチックにしています。

怪人役のジェラードバトラーの声、いいんですよねぇ…。
特に高音のところが。
ミュージカル版より好きです。
サントラ、毎日聞いてます。
[PR]
by sentire | 2005-02-18 00:00 | えいが。

じてんしゃ。

盗まれました・・・ショック。あのオンボロよく盗んだな。がっくり・・・。
学校行くの、あと一ヶ月とかなのにー。
[PR]
by sentire | 2005-02-17 16:04 | にっき。

ぐりーこんさーと。

c0015708_18975.jpgともだちのラストコンサートにいってきた。
チャペルに響く歌声は神秘的できれいでした。

4年生ですね。大学生の生活も終わりですね。

グリークラブ4年生方、おつかれさま~!
[PR]
by sentire | 2005-02-14 00:00 | にっき。

ばれんたいん。

c0015708_1104159.jpg気づいたらバレンタインデー。
きづいたら終わってたバレンタインデー。
今年はお菓子作りませんでした。残念。
他の日になんかつくろう。
お菓子作り好きなんだけどな~。
ところで帰りの電車で、スーツのおじさまや、学生っぽいおにーちゃんが、
かわいい感じの小さな紙袋を持っている姿をよくみかけたり。
ちょっと似合わない感じがほほえましいですね。
いや、舌打ちなんかしてませんよ。

家に着いたら机の上にホワイトチョコが。
母からのバレンタインデーチョコv
[PR]
by sentire | 2005-02-14 00:00 | にっき。

ほらー。

なんとなく、The Juonの感想書いて、なんとなく・・・
今までどんなホラー映画みたか思い起こしてみよう計画。

「女優霊」
これ、こわかったなあ…コワイシーン自体は少ないんだけど、少ないからこそ・・・。ジャパニーズホラーではオススメできます。最後の女優霊の顔がこわっ・・・。
「リング・TV版」 
高橋克典が主人公で、そしてなんだかエロかったです。家族で見てたんで気まずい雰囲気が。呪いのビデオはこれが一番怖かった気がする。
「リング」 
松嶋菜々子ママです。
「リング2」 
中谷美紀だっけ?
「らせん」 
覚えてなかったり・・・。
「リング・バースデイ」 
仲間由紀恵が美人でした。原作からは大分離れてしまった感じ。そんなに怖くはなかった、かも。
「The Ring」 
ハリウッド版。2が上映されるらしい・・・。ストーリー知ってたからそんなに怖くなかったです。
「死国」 
不気味だったと思う。それなりに、怖かった、と思います。
「富江・ビデオ版」 
私の好きな菅野美穂v不気味さが十二分に・・・!ただ最後は意味不明でした。たしか。
「富江・劇場版」 
宝生舞。うーん、ちょっと笑えた。これホラーじゃないっす。
「パラサイト・イブ」 
葉月里緒奈好き。今なにしてるんでしょうか。
「仄暗い水の底から」 
感動した!怖いというより、ほんといい話だった・・・ちょっと泣けました。黒木瞳がステキ。母子愛です。オススメ。
「呪怨1・ビデオ版」 
オムニバス。救いようの無い話だけど、映像の怖さはこのシリーズで一番で無いかしら。
「呪怨2・ビデオ版」 
同上。でも一部笑えるおかしな場面があった。突っ込みどころは大いにあります。でもコワイ。
「呪怨・劇場版」 
思ったほどは怖く無かったです。ビデオ版のがリアル、と思う。
「The Juon」 
ハリウッド版。昨日見ました。
「着信アリ」 
びっくり効果。ストーリーは支離滅裂。でも、怖さというか、びっくりどきどき度は一番の映画です。

うーん…?もうちょっと見たような…。
うずまき、とか、オーディションとかはまだ見てないですね。
高校生の毎夏休み、地元友の家で数回はホラー合宿してました。若い。

「エクソシスト・ディレクターズカット版」 
ちょっと怖かったけど、まだグロさで怖がらせているような。
「ポルターガイスト」 
ほとんど覚えてません。
「バタリアン」 
タールマンの”脳みそくれ~”は印象的でした。他は・・・。

こっちは洋画です。洋画ホラー。
他にも多分見てますけど、あんまり・・・コワイとは。グロイだけだし。
後には残らないですねー。記憶にも。
「オーメン」シリーズはどれか一回見てみたいですが。

ホラーとして、とは違いますが、以下の映画は大好きです。

「羊たちの沈黙」
 
このシリーズ好きです!かけひきが。レクター博士、なんだかんだでいい人(?)
「ハンニバル」 
これはラブストーリーだと思います。レクター博士とクラリス捜査官の。歪んでるけど、ストレートな愛のかたち・・・!ラストはきゅんとしました。多少(?)グロイの平気な人にはぜひオススメしたい!
「レッドドラゴン」 
これも、愛ゆえに、な話。と、私は思う。
「シックスセンス」 
ラスト、ちょっと前に気づいちゃったんですけど、それでも面白い。もう一回みてみたい。たぶん見方が変わる!子役さんスゴイ。
[PR]
by sentire | 2005-02-13 00:00 | えいが。

じゅおん。

死 ん で も 逃 げ ら れ な い

見てきました。ハリウッド製の呪怨、「The Juon」。
うーん、なんというか、今まで見たことのあるエピソードばかりで。
ちょっと消化不良・・・?
たぶんシリーズでどれも見たこと無い人には面白いのではないのでしょうか。
(ホラー好きなら)

もともと、呪怨はビデオ製作されたものなんですよね。
高校生の頃、ビデオ2巻借りて見ました。(もちろん友達と)
結構こわかったっす。
それで数年前に映画にリメイクされて。
うーん、この呪怨に関しても、(2はみてない)そこまで怖いとは思わなかったかも。
最初に見たビデオ版が一番不気味だった。

さらにそれをリメイクしたのがハリウッド版ですよね。
興味があったのは、The Ringの時は監督もハリウッドの人でしたけど、
これはもともとの清水崇監督ですからね。
日本人の監督が、ハリウッドの予算使って、ハリウッドの俳優使って、
どんなふーに映画をとるのかなーと、思ったのでした。

良かった点は、今までの呪怨にはないくらい、お話の一貫性というかつながりがあったこと。
最初のビデオ製作は特に、オムニバスでしたから。
さらに言うなら、サラ・ミシェル・ゲラーが・・・かわいかった!!!
いや、日本人向けのおしゃれをしてて、ほんとかわいかった。
ハリウッドっぽい格好じゃないです。かわいいv
ニットにコートにマフラーにバッグに、コーディネートがよく似合っててかわいかったですよーっ。
(そればっか・・・)
あ、ジェイソン・ベアもせくしーでかっこよかったです。はい。
[PR]
by sentire | 2005-02-12 00:00 | えいが。